マピオン、Firefox 3.5の位置情報通知機能に対応
~ プラグインは不要、ブラウザだけで現在地の表示が可能に ~

シェアする
ツイートする

株式会社マピオン(東京都千代田区、代表取締役社長 佐藤孝也)は、同社が提供する地図情報検索サイト『マピオン』において、Mozilla Firefox 3.5の位置情報通知機能に対応しました。
これにより、Firefox3.5を使用しているユーザーはプラグインなどを使わず、現在地の地図を簡単に表示させることが可能となりました。

【Firefox 3.5の位置情報通知機能について】
 http://mozilla.jp/firefox/features/geolocation/

【提供開始日】 2009年7月24日(金)

【利用料】 無料

【サイトURL】
 トップページ:http://www.mapion.co.jp/
 地図ページ例:http://www.mapion.co.jp/m/35.6386805555556_138.551028888889_1/

【対応環境】 
 Windows:Firefox 3.5 以降
 Mac:Firefox 3.5 以降


■ サービス背景
マピオンでは、2008年1月に無線LANから位置を特定する「PlaceEngine」(※注1)と連携しております。
参考)http://blog.mapion.co.jp/release/2008/01/080123_8932.html

今回、ユーザーがPCから現在地の地図を簡単に表示させるための選択肢を増やすため、Firefox 3.5の位置情報通知機能に対応致しました。


■ 利用方法

Firefox 3.5を起動した状態で

1)マピオントップページにある「現在地を取得」ボタンから、現在地点の地図を呼び出すことができます。

2)マピオン地図ページ左上にある「現在地」ボタンから、現在地の地図を呼び出すことができます。

※ボタンをクリック後、Firefox 3.5から位置情報の送信の「許可」を求められます。



■ 位置情報の精度について
詳しくは、「Firefoxの位置情報通知機能」のページを参照ください。


■ 今後の展開予定
マピオンでは実験サイト『マピオンラボ』において、Firefoxから利用できる無料のアドオン『FireMapion』もリリースしております。

今後も、Firefoxユーザーに対して新たな機能・サービスの開発を検討していきます。


<注1> 「PlaceEngine」 は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所が開発し、クウジット株式会社がライセンスを行っている技術であり、クウジット株式会社の登録商標です。 PlaceEngine公式サイト:http://www.placeengine.com/
シェアする
ツイートする