いつもの街をクリックできれば面白いですよね
2007.03.26 【おすすめサービス】

新しくマピオンスタッフに加わりましたGと言います。
とってもお洒落なマピオンスタッフの中でとまどっている、地図とかGPS携帯とかのイケてないマニアなので、ノリが違っちゃうかもしれませんがご容赦のほどを...。

ところで、皆さんは街を歩いていて、あの建物はなんだろう?あそこでやっているイベントは何?とか思ったことはありませんか?
いろいろ地図とか検索してみてもよく判らない、今見えているあの「アレ」を指差せば何か判るような魔法の杖があればいいのに!なんて思うことが、私はよくあります。

実は入って知ったんですけど、ひそかにマピオンはその魔法の杖を開発していたのです。
その杖の名前は、マピオン・ポインティングアプリ
GPSと電子コンパス付の携帯電話で、街に出て情報を知りたい方向に携帯を向けてアプリを起動すると、その方向にあるお店やレジャー施設を検索して、情報を手に入れられます。

残念ながら、今のところEZWebの一部の機種にしか対応してなくて、またGPSや電子コンパスの精度がまだまだ粗いので、最初に書いたような「アレ!」を指差してそれが判るというレベルには達していません。
でも、アプリが検索したお店の方向を把握していて、検索した後向いている方向を変えたりしてみると、お店の方向を指す矢印がクルクル回転したりするのを見るのは、結構楽しいですよ。
(マニアな私だけでしょうか?)

矢印がクルクル動くよ!
▲ ろうそくの炎みたいな矢印の先に、検索した施設が。 ▲
自分の向きを変えるとクルクル動くよ!


このアプリには、マピオンだけではなくてジオベクター社というところの検索技術が使われているんですが、この会社の技術コンセプトがまさに最初に書いたような「指差してアレ!」を判るようにするというもので、そのことをジオベクターでは「現実世界をクリックする」と表現しています。
いつもの街を、クリックする...面白いですよね。
情報を入手するだけでなく、いろんな新しい遊び、生活スタイルが生まれそうです。

この楽しいアプリ、残念ながらGPSはともかく電子コンパスに対応した携帯がまだまだ少ないので、多くの人に楽しんでもらえません。
(電子コンパス対応機種でも最新機種にはまだ対応が追いついていませんが、そちらについては近々アプリの使い勝手もあげつつ更新予定です。乞うご期待!)
漏れ聞こえてくる噂でも、電子コンパス付機種は今後もそれほど多くは出なさそうで...と寂しく思っていたのですが、私、今いいことを思いつきました。

最近マピオンで開発した、携帯電話から3D地図を見る技術があるんですけど、これを使えば電子コンパスのない機種でも、ユーザの皆さんに手動で3D画像と「今見えているアレ!」の風景を合わせてもらうことで、その「アレ!」の情報を検索することができるようになるんじゃないでしょうか。

3D画像とジオベクターのコラボレート
▲ 今見えている風景と3D画像の方向を手動で合わせてもらうことで ▲
電子コンパスのない機種でも「アレ何?」検索できないかな?


今思いついただけなので技術的に可能なのかとかあんまり判らないんですけど...。
もしできそうなら、電子コンパスがない機種を持っている方たちにも、「アレ何?」検索の楽しさを実感してもらえるようになるかもしれませんね。

という感じで、個人の趣味全開のマニアックなネタ書かせてもらいましたが...本当にこれでいいんですか?メガネせんぱーい!