平成の大合併はドラマだ!
2005.10.04 【地図あれこれ】
皆様はじめまして。平成の大合併対策チームの麗子です。

「平成の大合併」・・・なんとも大げさなネーミングですが、 要は、「○○町と△△町が合併して、晴れて◇◇市に♪」という【市区町村合併】が 来年3月まで目白押しなのでございます。
これが地図業界にとっては、天変地異ぐらいの大事件。
地図がガラッと変わってしまうのですから、そりゃもう地図屋さんは大変です。
先日、某大手新聞社からこんな取材が来ました。
「『平成の大合併』で地図会社さんとしてご苦労だったことは何ですか?」
・・・私、即答できませんでした。
アタマの中を走馬灯のように駆け巡る、涙・涙の思い出の数々。
嗚呼、一言じゃ語り尽くせない・・・。(ちょっと言い過ぎ)

マピオンで一番早く合併の内容が反映されるのは、実は都道府県地図です。
これ、マピオンオリジナルのイラスト地図なのですが、合併内容が一目瞭然だったりします。ためしに、富山県地図で合併前と後を見比べてみましょう。
【平成16年12月1日の富山県地図】
平成16年12月1日の富山県地図
【平成17年10月5日の富山県地図】
平成17年10月5日の富山県地図
えーーー?! 富山市、で、デカイ!今年の4月1日、富山県は、ほぼ3分の1が富山市になりました(笑)
この都道府県地図の更新も、合併が続く今、実は大変な作業なのです。
よく泣かされたのが、「土壇場事件」。 土壇場になって、合併をとりやめたりするケースもあれば、急遽、合併に走るケースもあり。でも、住んでいる方々にとってみれば、自分の生まれ育った街の名前が消えてしまうというのは一大事ですよね。名前だけでなく、制度も、税金も、選挙区でさえ変わる可能性があります。簡単に決められないのも納得です。
そして私はこの合併騒ぎに、ちょっぴり「ドラマ」を垣間見てしまうのです。

マピオンは、早く皆様に最新の情報をお届けしたくて、日々頑張っています。
地図に馳せる想い、そんなものまでお届けできたらいいな、なんて思っています。