ニュースリリース

マピオン、地図コンテンツをロボットに提供
講談社など「ATOMプロジェクト」が開発した 『コミュニケーション・ロボットATOM』とマピオン地図が連携
~近隣のスポット情報や行楽情報をATOMが教えてくれる~

シェアする
ツイートする

凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社マピオン(東京都港区/代表取締役社長 中尾光宏)は、株式会社講談社(東京都文京区/代表取締役社長 野間省伸)が「創業110周年企画」として2017年より定期刊行していたパートワーク『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』(最終70号9月11日発売)で完成する『コミュニケーション・ロボットATOM』に、当社の地図コンテンツを提供いたします。
また、当社親会社である凸版印刷株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長 金子眞吾)の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」とも連携し、「ATOM」が最寄りのスポット検索やイベント情報、近隣店舗の特売情報を教えてくれます。


■『コミュニケーション・ロボット ATOM』について
手塚治虫生誕90周年記念企画として、友だちになれる家庭用コミュニケーション・ロボット「ATOM」を組み立てるパートワーク『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』が昨年4月より定期刊行されていました。このパートワークは約2万人の読者の方に組み立てていただいており、このたび、2018年9月11日に最終号(70号)をもって、日本を代表する世界的なロボットキャラクター『鉄腕アトム』をモデリングした「ATOM」がついに完成となります。また、2018年10月1日からは、完成版の「ATOM」も発売されます。
「ATOM」は最新鋭のAIにより、話しかけるほど会話力が成長し、頭部のカメラで正対した人の顔の属性を見分けることもできます。
また、エンターテインメント機能も満載。胸に搭載したタッチパネルディスプレイで絵本や「鉄腕アトム」のアニメや、YouTubeの動画を楽しめるほか、コミックスもスマホやタブレットと連携させて楽しめます。詳細は http://atom2020.jp まで。


20180911_ATOM_main.jpg


■Mapionの地図コンテンツと連携「ATOM」がイベントや近所のおトク情報を教えてくれる
 今回完成した「ATOM」は、「Mapion」の地図コンテンツと連携し、利用者が住所登録をした近隣の行楽情報や知りたいスポットを検索して教えてくれます。(※)
ATOMに「行楽情報教えて」と呼びかけると、利用者が登録した居住地情報を元に、近くの行楽情報をピックアップします。観光・イベント情報の「るるぶDATA」の「季節特集」からピックアップした行楽情報のうち、トップの3件をATOMが読み上げます。ATOMがすでに読み上げたものを含めた行楽情報は「どこでもATOM」に転送されます。スマホやタブレットで確認してください。
 ATOMに「スポット教えて」と話しかけるとATOMから「何を調べる?」と質問してくるので、検索したいワードを伝えてください。ATOMが検索でヒットした件数を話します。その後、ATOMがMapion電話帳からスポット情報(検索結果の一覧)をピックアップし、専用アプリ「どこでもATOM」に転送されます。(※)
また、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」との連携では、ATOMに「特売情報を教えて」と話しかけることで、近隣の店舗の特売情報も教えてくれます。(※)


ATOM_Mapion_0911_Manual_2.jpg

<ATOMが行楽情報やスポット検索結果を教えてくれます>

(※)ATOMでのMapionおよびShufoo!のご利用には、有料クラウドサービス「ATOMベーシックプラン」(月額1,000円・税別)へのお申し込み及び、専用アプリ「どこでもATOM」「ATOM Setting」のインストールが必要です



■今後の展開
「ココロも、カラダも、動かすマピオン」では、さまざまなメディアやデバイスに地図や位置情報を活用したコンテンツを提供してまいりました。これまでの技術、ノウハウを活用し、家庭用ロボットなど今後増えることが想定される新しいデバイスに対応したコンテンツを提供できるようにサービスの開発に取り組んでいきます。


【参考】
『コミュニケーション・ロボット ATOM』
●発売日:2018年10月1日(月)
2018年9月10日(月)より「講談社ONLINE STORE」等で予約スタート
価格:212,900円(税別・希望小売価格)
公式HP: http://atom2020.jp

シェアする
ツイートする