お知らせ

当社社員、OSGeo財団日本支部 理事就任のお知らせ

シェアする
ツイートする

このたび、株式会社マピオンの社員である清水 珠里(しみず じゅり)が、6月7日開催のOSGeo財団日本支部2018年度年次総会において、理事に選出され、就任したことをお知らせいたします。


OSGeo財団は、「オープンソース地理空間情報ソフトウェア(FOSS4G)」の支援と構築のために設立された非営利団体です。OSGeo財団の日本における公式の支部として、「OSGeo財団日本支部(OSGeo.JP)」が活動しています。
FOSS4GとはFree Open Source Software for GeoSpatialの略で、ソースコードも含めて無償で公開されており、導入や運営が低コストで行えるだけでなく、自由に入手・修正・再配布ができるものです。

当社では、2009年からOSGeo財団日本支部の団体会員として支援を行っております。今後もFOSS4Gの利用と開発に貢献してまいります。

清水 珠里 コメント
マピオンの地図サービスは、FOSS4G(Free Open Source Software for GeoSpatial オープンソースの地理情報ソフトウェア)の技術に支えられています。
私自身、4年前マピオンに入社した時にFOSS4Gにはじめて触れ、イベントにも参加させていただき、たくさんの学びを得ることができました。
若輩者ではありますが、今後は運営側としてOSGeo財団に貢献できるよう精一杯努力してまいります。
<略歴>
清水珠里 (しみず じゅり)
2014年株式会社マピオン入社。地図基盤の運用開発を担当。地図配信の機能追加や、サーバーの移行作業に従事。また、FOSS4Gコミュニティにおいてはイベントに登壇するなど積極的に活動を続けている。
 
【参考】
OSGeo財団日本支部HP  https://www.osgeo.jp/

シェアする
ツイートする