お知らせ

健康意識改善で"働き方改革"
ウェルクス、マピオンと企業対抗ウォーキングイベントを実施

シェアする
ツイートする

株式会社ウェルクスと株式会社マピオンは共催で、運動増進・企業間交流を目的とした「14日間の仁義なき闘い~aruku&シップに則り毎日健康的に歩こう~」を実施します。


20171113_WELKStaiko_1.jpg開催背景
近年、社員の健康を保つことが組織の活性化、生産性の向上につながると考えられ健康経営が注目されています。
運動を意識して取り入れると、血流がよくなるため体調が良化し、同時に爽快感が得られリフレッシュ効果、集中力向上にもつながります。また働き方改革での課題のひとつ、長時間労働に関しても生産性改善の効果が期待できます。

今回は当社のウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」を導入いただいている、株式会社ウェルクス様と、それぞれの従業員の更なる運動増進を目的として、aruku&を活用した企業対抗戦を開催する運びとなりました。
本イベントはウェルクスの運動増進タスクフォースとマピオンの衛生委員会が共同で企画・運営を行う試みとして、両社の従業員同士が交流し、健康に対する情報交換や共有の機会としても活用していきます。 今後もマピオンでは、導入企業の従業員の皆様の健康増進を図るべく、様々な企画を展開していきます。

ウェルクス・マピオン 共催イベント
「14日間の仁義なき闘い~aruku&シップに則り毎日健康的に歩こう~」

20171113_WELKStaiko_2.jpg【イベント期間】
2017.11/13(月)~11/26(日)
【目的】
相互社員の健康増進・交流
【内容】     
ウォーキングアプリ「aruku&」を利用してイベント期間中に企業対抗戦を行う。
勝敗は各企業の平均ポイントで争い、個人上位者に景品あり。
イベント後に報告会(交流会)を開催。
効果検証(意識・行動変容)


イベント運営:株式会社ウェルクス 運動増進タスクフォース・株式会社マピオン 衛生委員会

ウェルクスの運動増進タスクフォース
ウェルクスの社内制度のひとつにタスクフォース制度があります。部門横断型の特別チームを結成し、緊急性の高い課題について主体的に取り組むことで、業務以外でも主体性をもって会社の課題に取り組むことができる制度です。
運動増進タスクフォースでは社員の運動へのきっかけづくりをし、「ウェルクス社員が健康になること」をミッションに運動の推進を行っています。社員の健康を保ち、仕事の生産性をアップすることで元気な会社づくりに努めています。
ウェルクス社員が1日1万歩あるくことを目的に活動しています。

マピオンの衛生委員会
マピオンの衛生委員会では、各部門からメンバーが参加し、安心・安全で快適な職場づくりや、従業員の健康管理に関わる議論をすると同時に、従業員代表として会社に対し意見を述べる役割も果たしています。今回、これまでの健康管理の活動に加え、従業員の健康増進により寄与するために「aruku&」を活用したイベントを企画しました。従業員に向けて、ウォーキングを通じて運動の機会を増やし、しいては健康的な社員が増やしていこうと考えています。 「ココロも、カラダも、動かすマピオン」として、従業員のココロもカラダも健康で、安心して働ける職場環境づくりを推進していきます。

【株式会社ウェルクスについて】
ウェルクスは「プロフェッショナルなスキルを通じて社会の問題を解決し、会社に関係するすべての人々の幸福を追求する」という企業理念に基づき、社会問題の解決に貢献するサービスと放課後等デイサービスを展開しております。待機児童問題、高齢化問題から始まり、今後も各時代に発生する社会問題を解決に貢献できるサービスを構築・運営していくことで当社に関係する全ての人々の幸福を追求しています。

【株式会社マピオンについて】
1997年に日本初のインターネット地図サービスを開始して以来、地図や位置情報を活用したサービスやソリューションを提供しています。2016年にウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」の提供を開始し、生活者が楽しく継続的にウォーキングに取り組むことで、健康増進につながる仕組みとして多くのユーザに利用をされています。また、aruku&は健康増進施策やインセンティブプラグラムとして、多くの企業や自治体様にも導入いただいています。 マピオンでは今後も地図と行動情報を起点に、生活者の行動に価値を提供し、社会生活インフラの一翼を担う企業を目指していきます。

シェアする
ツイートする