マピオン、地図デザインを刷新
~ 狭く通行の難しい国道「酷道」も表現し、文字の視認性も大幅に向上 ~

株式会社マピオン(東京都千代田区、代表取締役社長 佐藤孝也)は、このたび同社の地図検索サービス「マピオン」にて提供中の地図データのデザインを刷新しました。


【主な変更点】

■ 文字のみやすさが向上

建物名と背景地図の配色にメリハリをつけ、文字注記の視認性を向上させました。


■ 1車線の狭い道を分かりやすく表現

全国の道路を対象に、車線数によって道路の線幅を変えることで、たとえば「1車線の狭い道」が地図上で表現できるようになりました。これによって、細く通行の困難な国道、いわゆる"酷道"の狭さをドライブ前の下調べとして確認することができます。

そのほか、マピオンのユーザーから好評を得ている番地数や大字名をさらに強調表示するなどのアップデートを行っています。




■ 今後の展開予定

これまでマピオンでは、サイト上のアンケートを通じてユーザーの意見、要望を収集し、品質の向上に努めてまいりました。今後も継続的にアンケートで得たユーザーの声を反映していくとともに、皆さまに高く評価される地図の提供を目指してまいります。

関連トピックス

ニュースリリース

マピオン、観光パンフASPをインバウンドに対応
千葉県東金市・九十九里町、北九州空港を利用した北九州都市圏域のインバウンド施策に採用

詳細をみる

ニュースリリース

マピオン、オープンデータを地図上に見える化
位置情報分析ツールで人口・世帯数など可視化 誰でも簡単に使える無料データサイト公開

詳細をみる

お知らせ

マピオン季節特集『春のおでかけ特集』スタート
~ゴールデンウィークにぴったりなレジャースポット約1,800カ所を紹介~

詳細をみる

ニュースリリース

マピオン、ゲームユーザの厳選グルメレポを広く公開
今冬、全国を駆け巡った『ケータイ国盗り合戦』ユーザならではのグルメ情報をマピオンで閲覧

詳細をみる